Olen hukkassa -道に迷いました-

自分を好きになりたいと思っています。

働くお母さん

ちょうど1年前から今の職場で働いています。それまでは短期間の仕事をちょこちょことやっていました。どれも人から紹介してもらった仕事で、人の繋がりはありがたいなぁと思ったものです。ちなみに、今の仕事も人の紹介です。

f:id:kichi-kichi:20161025160902j:plain

そろそろ繁忙期なので、今日から希望通りのシフトになりました。閑散期は人件費を減らすため、ワタシの場合は短時間労働になります。それでも朝イチから出られる人は少ないので、日数だけはぼちぼち入れてもらえるのはありがたいことです。

朝の仕事はほぼ清掃です。最近は出世しまして、新人さんに清掃を教えることも多いです。時間内に終わらせて他の仕事をすることも多いので、ほぼ駆け足でフロア内を何周もしています。歩数計をつけたいような、怖いような……とりあえず汗だくなので、いい運動だと強がっています。
開店後は品出しです。ワタシはこの作業が大好きです。積み上げられた段ボールから指示された商品を探し出して準備し、売場に出しきったときの達成感は堪りません。片づけまで終わらせてピッタリ打刻ができればもうサイコー。いい気分で帰れます。


今までやっていた仕事はデスクワークが多く、達成感はありましたが体を動かすことはありませんでした。覆面調査の仕事をしていたときは現地まで出向いていましたが、今の仕事みたいに汗ばむほどには体を使っていませんでした。
ワタシは単純な性格なので、何個段ボールを開けたとか、何件調査したとか、独身のころまで振り返ると何件分の報告書を入力したとか、すぐ目に見える成果があると達成感を感じます。だから、今の仕事は好きです。

家事にしても、やらなきゃならないことは見えるところに置いておいて、次々と片づけて溜めないようにしています。溜まっているとイヤな気持ちになるし、見えないところに置いておくとスッカリ忘れます。ホントに残念なくらいに忘れます。だから、身の周りを片づけておかないと埋もれてしまうので、なるべく片づけておくようにしています。


今日、裏で仕事をしながら独身の社員さんと話していました。
お母さんは仕事が終わってもまだまだお母さんの仕事があるんですよね、と。そうなんですよねー、ホント働くお母さんはスゴいです。ワタシもそんな働くお母さんの端くれに混ざれるようになって、ちょっと誇らしいです。
かといって、外で働いていないお母さんがスゴくないのかと言えば、元保育士の友達の名言があります。
「一日中子どもと向きあっているなんてエラい」


もちろん、お母さんじゃなくてもエラいと思いますよー。学生さんだって、勉強して、部活やバイトをして、日々忙しいと思うし、お仕事をしている人たちも、病気と戦っている人も、やりたいことに向かって目下邁進中の人もワタシには眩しいです。


moikka!

ランキングに登録しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村