Olen hukkassa -道に迷いました-

自分を好きになりたいと思っています。

いらないかもしれない

5年ほど前、清水の舞台から飛び降りるような気持ちでミラーレスを買いました。お子さんがいるご家庭では一眼レフくらい常識で、むしろ何で今までなかったのかという感じですが、わが家には実はビデオカメラすらないのです。わが家のビデオカメラは、ジジ馬鹿の義父からの借りものです。義父は持病があり、なかなか行事や試合を見に来ることが難しいため、子どもたちの成長記録も兼ねて借りもののビデオカメラでワタシが撮影してきました。ちなみに、ムスコが赤ちゃんのころはいわゆる「写メ」を毎日送らなきゃなりませんでしたから、今はSNSでときどき報告すればいいので楽になりました。子どもたちも、直接じいちゃんと電話をしたり、ひとりで遊びに行ったりできるようになったしね。

f:id:kichi-kichi:20161027212134j:plain

そのカメラは、子どもたちが大きくなってからはあまり出番もなくなってきました。一緒に出かける機会も減ってきたしスマホでも写真は撮れるし、画質はいいしズームもできるけど、めんどくささが勝るようになってきたのです。そんな感じだからか、カメラの調子もだんだん悪くなってきてしまいました。

今日もカメラを持参したものの、頂上で富士山を撮っただけ。しかも、アップした写真はスマホのもの。箱根に行ったときなんて、背負ってはいたものの1枚も撮りませんでした。リュックが重かっただけです。
写真を撮るのは好きだけど、リュックから出すのがめんどくさい。スマホよりいいのはわかっていても、今のワタシにはその重さとめんどくささが文字通り重荷なのです。


今はもうちょっとコンパクトなカメラもあるから、そのほうがいいのか。それともスマホのカメラでじゅうぶんなのか。自分の見た風景を切り取ること自体は好きだけど、スマホの便利さについつい頼ってしまいます。スマホでも上手に写真を撮る人もいますしね。

でもやっぱり、写真を撮ることは好きみたいです。なんだかんだで、スマホを含めて昔からカメラは持ち歩いていますから。


moikka!

ランキングに登録しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村