読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Olen hukkassa -道に迷いました-

自分を好きになりたいと思っています。

062.形を変えて残る

好きなもの100コ

好きなもの100コ。

戸棚同様、実家から持ってきた家具はほとんどが祖父母のものです。和風が好きだったワタシは、祖母が愛用していた小引き出しなどを片づけついでにもらっていました。
使い勝手が悪かったり壊れたりして、今も残っているのは戸棚と小引き出しと姿見だけ。小引き出しは戸棚の中で使われていますが、姿見は形を変えて玄関にあります。

062.姿見

重くてジャマだった脚を解体して鏡だけになったものを、丈夫な金具を買ってきて壁に取りつけました。風水だのなんだのでいろいろ悩みましたが、やっぱり玄関に姿見があると便利です。ただ、わが家は下駄箱の扉を外してあるので、鏡に下駄箱の中が映ってゴチャゴチャ感倍増なのが悩みのタネ。三和土に靴が出しっぱなしになるのを防ぐためにオープンにしているけど、中身が丸見えになっています。どうせサッカーグッズなどは見える収納なんですねどね。毎日のようにつかうものですし、臭いがこもるのでせめて通気性はよくしないと。


昔は歴史好きだったこともあり、和風もいいなと思っていましたが、今はがっつり和風よりももう少しモダンでシンプルなほうが好きです。昭和の中頃のインテリアを見ると、北欧っぽいテイストも感じますよね。ワタシはどうも、がっつり和風や北欧風よりも、そんな中途半端な和洋折衷みたいな雰囲気が好きみたいです。



moikka!

ランキングに登録しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村